いまになって焦っているような自分が悪いのですが、最近になっていろいろな勉強を必死にしています。
もちろん仕事に役立てたりするためでもありますが、こうした知識や資格は将来の自分への投資だと思っています。
というのも、いま、いろいろとやりたいことがあって、時間とお金が足りないような状況になっています。
現状のまま何とかやりくりしながら続けられないこともないのですが、いずれどこかできっとまた同じような課題にぶつかることでしょう。
仕事をしている以上、自分で自由にできる時間やお金を作るということは遅かれ早かれしなければなりません。
それでも、毎日の仕事なんかがそこまで暇だったり早く終わるようなこともなく、時間もお金もかつかつです。
そして、ときどき「このままでも仕方ないんじゃない?」と諦めてしまいたくなってしまいます。
でも、この先何十年ある人生を、したいことを心の内に秘めたまま仕事をしていくというのは、きっと辛いのだと思います。
絶望にも似ているような気もしてしまいますが、自分の努力や可能性を信じれなければき、きっとそうなってしまう気がします。http://www.canhonhadatsg.com/

今年4月に引退したフィギュアスケートの浅田真央さん。その真央さんに初めて週刊誌で熱愛報道というものが出ました。フランスのルーブル美術館でフランス人の男性と一緒にデートをしていた(?)という報道でしたが、真央さんは「お友達」と言っており真相は分かりませんがこういう報道を目にするのはほぼ初めてではないでしょうか。フィギュアスケートのトップ選手は小さいころから世界中のスケート選手との交流があるようで、普通の日本人よりも肩を組んだりハグをするのには慣れているということを聞いたことがあるので今回もいいお友達関係の男性なのかもしれません。
けれど、真央さんも若く見えますがもう27歳の立派な大人の女性です。今まで競技に専念してきたため恋愛する機会はなかったでしょうが、女性としての幸せをつかんでほしいなと思っています。「子供が好き」と言っていたので結婚してママになってくれたらなぁと親戚のおばさんのような感覚で見てしまっています。キレイモ oライン

女性にとって、夏のイベントと言えば花火大会ですね。花火が嫌いな人って聞いたことありません。車を走らせて、近くのスポットに出かけるんですがとっても綺麗で美しいですね。しかも、写真を撮ったりしてして毎年色々な地域であるので見に行ったりするんです。男女問わず、花火の話題は欠かせませんね。テレビでもやってるし、見に行っても人混みが凄いこと。住んでる場所によっては、花火が見えたりしてベランダから見てたりします。花火職人は、どうやって作っているのか不思議に感じます。正直なところ、凄いと思ってしまいます。花火が終わっても、また始まるのでとっても嬉しいですね。その後、食事に行ったりドライブしたりしています。プリクラとったりする人もいますね。一回だけでなく、次の週も花火大会やっているので見に行ったりします。一人だと面白くないと感じるのでみんなで行ったり、カップルで行ったりするんです。一人の人は、テレビなんかで見に行っています。夏のイベントは、花火大会ですね。それほど、興奮したり盛り上がったりできる行事なので毎年行うんでしょう。花火大会の日が大雨や台風にぶつかると延期になったりするときは、非常に残念でしょうがありません。日程をずらして行われるので見に行ったほうが楽しいですよ。電車で行くときは、大体遅延することが多いです。乗る人が、凄いからなんです。